FC2ブログ

一択 

らくがき120728

遅刻寸前で猛ダッシュ。

口にはトースト。

曲がり角でイケメンにタックルかますよーな
展開だけど、食べるものがパンしかなかった模様。

だからどーした、てな話ですが、汗



入院してた母が退院してきた。

まだちょっと足元がおぼつかない感じなので、
見てました。すこし落ち着く。

すこしずつ日常生活に慣れてくれると
いいのですけどね

コミケマンガにとりかかる 

らくがき120727

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」の智子↑


ども。

プロットを送り、コミケマンガにとりかかっとります。

2本くらい描きたい。

ひとつはコミケネタにする。


コミケをネタにしたマンガは前からずっと
描きたかったので、なんにせよようやく悲願達成







らくがき120727-2

もう一枚。

鮎美(本マンガのヒロイン)さんは、
短髪黒髪にして元気&ガッツさを強調してみた。


送ったプロットを元にしたイメージ画も描いていきたい。

そのさいはさすがにペンタブだと自分はキツいので、
紙に描いてくのです。


セミも鳴き始め、暑くなってきたけど、
まだ本当の暑さじゃないような気がする。

バテかけてる方は十分お気をつけくだされー
(含む自分、汗)

うむ 

らくがき120725

プロットすこし進んだ。






らくがき120725-2

もう一枚

勝負 

らくがき120724
うむー。

らくがきだが線に心込めてる。

そりゃ一体どーゆうことだ?と
説明を求められても、心を込めました、てな事くらいしか
答えられないのですが、汗


四六時中ネタのこと考えてしまい、
生活のリズムを崩しがち・・・

意識がある時は「どーすりゃいいかな・・・」と
考え込んでしまう。


とりあえず鮎美さん(ヒロイン↑↑)が、読む人に
受け入れてもらえるかが勝負。

それだけは分かってきた

接客中 

らくがき120722
プロット考え中。

煮詰まったので“転”の辺りで中断中。
いつもとは少しちがう気がする。

しっかりネタ出していきたいので、
「もう少し時間がかかります」とブスジマにメール出した。


キャラもけっこう固まってきた(やっとかよ

ゆかいで楽しいイメージ画が描けそうな気がする。

・・・してるだけですが、汗

プロット終わったらきちんと描いていこう。


思い上がらんで、しっかりいい感じに
なるよーやってきまっする!

動かざること 

らくがき120721

羽扇、アマゾンで売ってるよーだ。














三国志ファン必見!諸葛孔明羽扇(大)三国志ファン必見!諸葛孔明羽扇(大)
()
ファイアスター

商品詳細を見る


ちょっと自分のイメージと違う。





自分的には、
消しゴム払う時に使う羽ぼうきのイメージがある。


ウチダ 羽根箒 大 1-825-0000ウチダ 羽根箒 大 1-825-0000
()
ウチダ製図器

商品詳細を見る

こんな感じ↑



ライブみた 

らくがき120720

うむー。

一日手を動かさないと
描くのがちとしんどくなる。

ブスジマにはバストアップばっかじゃなく、
いろいろ他の絵も描いてみれば、と提案されたので
描いてこう。



木曜日、都内某所のライブハウスで
知り合いのバンドマンがライブをやるというので
行ってきました。

広さもちょうどいい感じで(40~50人くらいがキャパ)、
てきとうに陣取ったポジションで聴けるようなところだった。

この前のバンプのライブから、ライブ会場で
体の芯にずしんと響くギターやリズムの音にけっこう
心地よさ(?、うまく表現できない)みたいのを感じてたので、
その点では轟音が響いててすごくよかった。

演奏が終わったバンドマンが、
気づいたら自分の隣で他のバンドの演奏を
みてたり、みょうに新鮮だった。


ライブは4組いて、みな力いっぱいやってた。

で、どのバンドのボーカル(?)の人も
大体彼女(っぽい人)が見に来てて

「お前を一生はなさないぜぇ~!!」

てなフレーズに
えらく力がこもっていた。

「目の前にいちゃ気持ちも入りまくるだろお」と
一人爆笑してました。これもえらく新鮮だった。


どのバンドも力いっぱい演奏してて良かったけど、
トリをつとめたバンドは別格で「次も行きたい!」てな
気分にさせられた。

やっぱ気合いというか、
覚悟みたいなものが全身からにじみ出てた。

お客さんも、前のバンドまではまばらだったけど、
始まる前くらいから動くのが大変なくらい埋まってた。

体を演奏にすべて任せていたし。

手を抜かず自分の持ってるもの出し切らなきゃ(とくに声)伝わらない、と
聴いててなぜだか身が引きしまった。

そんな感じで、轟音で耳はえらいことになったけど、
最後までみてて大満足だった。

ライブハウス側も来た人に満足してもらって、
次につなげたい、という意味合いも込めて
この出演順にしてるんだなあ、と営業努力ってやつを感じた。



あとみてて、全力を出し切って完成はしてるけど、
「これ以上この人たちは伸びる部分ないな」と
思ってしまったバンドもあった。

どうみてもこの先
やることなくなって行き詰るしかない、みたいな。
(上から目線っぽくてすみません)

趣味だったらまだしも、プロ目指すとしたら
どーなんだろう、と自分に置き換えて考えてしまった。

そーなったら激しく嫌なので、貪欲にいろんなものを見聞し
取り込んで血肉にしていきたい。


いろいろとえらそうですまぬ。

とにかく楽しいのは確かなので、
つぎも行けたら行きたいところっす

入ってきた 

らくがき120719

うむー。

いちおうプロットは
直して月曜の午前中までに送る。

ちょっと気合入ってきた。

力いっぱい楽しんでこう

Lサイズでも100円&DRAGON ICE 

らくがき120716-3

休憩時間、
バイト先ちかくの公園での出来事。

メイド服だと暑いので、水着で休憩。


マックのドリンクが全サイズ100円均一、なネタ。
(↑↑フォローしとかんと分からなくなる)







らくがき120716-2

学校が終わり→→バイト先に移動中

なめてるアイスは
“ブラックサンダーアイス”

むかし、
秋葉原に“ドラゴンアイス”てのを売ってる店があった。

夏のめっちゃ暑い日、
たまたま通りかかったら、本屋によくくるお客さんが
店の前のベンチに座りドラゴンアイスを食べていた。

のほほんと。

それを見た自分は、
「なんでこの人がドラゴンアイス食べてるんだ!」と、
ひとりごちてた。
(当時はまだ話をする間柄ではなかった)

いま考えるとべつに大したことでもないけど、
そん時は山道を歩いてたらペンギンに出くわしたよーな、
えらく不思議な情景に思えた。


ちなみにドラゴンアイスとはなんなのか?

よく分からん(おい

後日、そのお客さんに聞く機会があったので
聞いてみたけど「あんまはっきり覚えてない」とか
言われたような気が・・・

おそるべし、ドラゴンアイス(棒読み

さいきん 

らくがき120716

さいきんチチを描くのが楽しい!

力説しとこう(するなよ

まーまだぎこちないけど。


あと、何だかんだ言ってもまずバイト生活を
しっかり描いてくことなんだな。

いろいろハッキリしてないけど、
そこだけは間違ってないと思う。

って、ナゾな文すまぬ・・・