FC2ブログ

よいお年を 

らくがき131229-2

コミケに行かれた方はお疲れさまでした。


今年も一年、いろいろあったけど、
おかげさまでなんとか生き延びることができました。

来年もまたよろしくです

コミケの準備してた 

らくがき131229

この絵の他に
年末用の絵も描いた。

31日に上がるように
記事のタイマー(?)をセットしておこう。


ども。

さっき(深夜1時過ぎ)、コンビニで
コミケ領布する本の表紙を拡大コピーしてきた。

それをポスター代わりにする。

あとは、しまっておいた釣り銭ひっぱり出したり、
ぼちぼちコミケに向けて準備してました。

なんだかんだ、
けっこう楽しみです。


ネームはある程度進んだけど、
今年いっぱいではキツいか。

年賀状製作する合間に
描き上げてしまおう






何かを待つ 

らくがき131228

何か待ってる。



今日もぼちぼち進めた。

明日(もう今日ですが)も、この調子で
進められればいいのですけどね。


あいかわらず仮面ライダーキバをメインに見てる。

やっぱキバは面白い。

完全に大人向けの作品と言って差し支えないと思う。

その他もようつべで部分部分上げられてる
動画をちょこちょこ見た。

「ウルトラQ」とか小津安二郎の「東京物語」とか
こりゃすげえな、という作品をいくつか発見。

白黒の古臭い作品(すみません!)だけど、
細かいところまで手が行き届いていて違和感なく見れる。

ウルトラQなんて50年くらい前の作品だけど、
製作者の「見てるやつを絶対楽しませてやる!」という
気合いというか情念が滲み出てて、グイグイと引き込まれていった。

しっかり見たいな、と思いました、まる。

機会があったら必ず見よう!



ぼちぼち 

らくがき131227

井の頭公園の池で写生。

最近は大量に発生したブラックバスやブルーギルに
食べられてしまったのか、でっかい鯉ばっかで
元からいたフナとかエビやらタナゴ、クチボソなど
全然見かけなくなった。



やっとこさ、ネームの直しに取りかかってる。

なんとか今年中には終わらせたい。


マンネリなつぶやきですみません。

では




奴隷天国はやっぱいい 

らくがき131226

エレファントカシマシ聴きながら執筆。

やっぱ奴隷天国はいい。

知り合いで持ち歌にしてる人がいるので、
また是非カラオケで聴きたい、とか。


ども。

寒いっすね。

凍死しそうだ。

とうしよ…って、おっと!

セーフ、危ない危ない。

このウルトラハイブリッド(ultra hybrid)なダジャレは、
使わないと誰かさんに誓ったはず!



今日は昼間ひとカラに行ってきた。

力いっぱい歌唱できて楽しかった。

ひとりでも十分イケる!


ただいまWEb漫画の
ネームの直し中、だけど…

まだまだ手の動きが鈍い。

なんか、映像流してる時は
そっちをがっつり見たい気分なのです。

なんとか気合を振り絞り
手を動かしていこう



青空の下 

らくがき131225

ども。

イブはがっつり本屋で
クリスマス包装をしまくっていたねおたろうです。

帰ってきてから「仮面ライダーキバ」を
1話見てからさっさと床に着きました。

ワタルくん(瀬戸康史)がめっちゃカワイイ!

自分はクリスチャンではないので、キリストの誕生を祝っていいのかが
わからなかったので、多分こんでいい、はず!



コミケ原稿描き終わってから、勉強と称し
ドラマとかアニメとか片っ端から見まくってる。

ドラマはあいかわらず野島伸司作品をメインに見てる。
やっぱ見れば見るほど勉強になる。

アニメの方は「ウイッチブレイド」が面白かった。

シリーズ構成していたのが、大好きな
小林靖子(JOJO三部もシリーズ構成らしいですね)だったので、
見てみた。

独特の小林靖子節というか、まーぶっちゃけ平成ライダーの
アニメ版を見ているようだった。

お色気重視のバトルものではなく、主人公が
悩みながら、困難に立ち向かっていく濃厚な人間ドラマになっている。

切なく、泣かせるストーリー展開がたまらないです。

むちゃくちゃ面白いけど、オススメか、と聞かれたら
自分は素直にオススメはできない。

じつは前~中盤部分が、ぶっちゃけ見てて
あまり面白くない。

作画と演出がかみ合ってないというか…

具体的に14話までは見て後悔した感がハンパなかった。
(14話までが好きな人すみません!)

けど、なぜだかいきなり15話から、
演出と作画が噛み合ってきてものすごく面白くなる。

それに合わせて声優さんの演技もノリにノってくるし。

最後はいい余韻で終わり、
見てよかったという気持ちに全身が包まれる。

てなわけで、
14話まで飛ばさず我慢して見れる人には、
激しくオススメです。



マンガの方はまだWeb漫画のネーム直し中。

今年中には終わらせたいところ





入稿してきた 

13年、冬コミ表表紙2

冬コミ本の表紙。


ども。

いまさらゲゲゲの鬼太郎(5期)に
ハマってるねおたろうです。

原作を知ってる方には、そのアレンジ具合が
絶妙なので、激しくオススメ!

田の中勇(目玉おやじ、生き生きと演じてる)や青野武のぬらりひょんとか、
今期限りでしか味わえないフィーチャーもあるので、
そこら辺も見所の一つなのではないでしょうかね。


昔のアニメだけではなく、
今期の深夜アニメもチェックしてて、

「キルラキル」「ワルキューレロマンツェ」「ストライク・ザ・ブラッド」
「ホワイトアルバム2」「凪のあすから」「メガネ部」「ガンダムビルドファイターズ」

など視聴。

とくにホワイトアルバム2は原作の脚本家(丸戸史明)さんが
脚本を書いていて、ものすごい構成力だな、ととても勉強になってる。

ファン以外、ほとんどの人が「エロゲ原作の萌えアニメか」とか
タカをくくってるのかもしれないけど、きっちりと人間のドラマを描いてる。
(そもそも自分も原作はやってません)

見てないのはえらくもったいないデキだと思う。



冬コミ本、なんとか印刷所に入稿しました。

オフセット本を作るのが久々だったので、
すごく新鮮。

っても、部数的には少数にした。

内容も含め(涙)、あんま売れる気がしないので、
売るよか作るってことを優先しました。

売る<作る、てな感じ。

や、やっぱエロ無し、萌え4コマでも無しなんで、
売れる気がしない、しないっすよ。

あと、今回「私モテ」自分を含め5枠しかないようで
よくこの枠に入れたな、と。
(エロ系がべつの島にあるようです)

レスポンスあったら、続けていきますが
あんま反応無いようなら、次はほかのやつで行く予定。

もう自分の脳内では

「次はこれで行こう!」

てのは内定してる。




13年、冬コミ裏表紙CMYK

裏表紙↑ 白い…


今週は、描いておいた
WEb漫画のネームを直していく。

またまたいまさらな話ですが、最近90年代の野島伸司作品に物凄くハマっていて、

ハマってると言うよか、ある意味「こんなことまでやってもいいのか」と
激しく衝撃を受けてる。

広辞苑一冊分くらい語りたいけど、
それは自分の作品という形で表現していきたい。

見てて物凄く「描きたい!」という力がみなぎってくる。
(野島作品と同じことを描きたいという事ではないです、いちおう)

新日本プロレス所属のプロレスラー中邑真輔の言うところの

滾ってるぜ」状態。

そんな感じで、いまは
いろいろとやってみたいことが心の中で満ち溢れているので、
なんとかそれを形にしていきたいところ。

小奇麗にまとめてしまうクセがあって困る、状態なのですが、
綺麗にまとめていくにしても、なにか心にズバっと突き刺さるようなものにしていきたい。

自分にそう思わせるパワーが野島作品の中にはあった。

つまりはま-、そういうことなのです。


熱くなってしまいすみません(ぺこり

ではでは



未成年 DVD-BOX未成年 DVD-BOX
(2003/06/26)
いしだ壱成、香取慎吾 他

商品詳細を見る