FC2ブログ

手を抜かずにやってる 

140118、下絵

ども。


相変わらず下絵を描いてます。

背景描き込むのはけっこう大変ですが、
このまま質を落とさないように、


やってければいいな…(ちと弱気


ま まー、挫けずやっていこう!



下絵執筆は来週までかかりそう。

P数が36Pになってしまったのだ。


大変なのはもちろんなのですが、いろいろと悩んで、考えて、工夫して、
自分の思うとおりの絵が描けるってのは、実はけっこう嬉しい。

画力がついてってないのは
えらく悲しいのですが…

ま まー、挫けずやってきます!!



いま

超光戦士シャンゼリオン(1996年)」

という特撮にハマってる。

やる気のないチャラいヒーロー(貧乏な探偵 怪人に命乞いをする、借金を踏み倒すetc)、が出てくる
ヒーロー特撮では異色な作品。

出てくる怪人も、アイドルオタクやら、箸袋を集めたり、
人間社会になじめずウツになったりと変な怪人ばっかりで、
見てて1分に10回くらい爆笑できる。
(世を儚んで自殺する怪人も出てくるらしい、笑)

タイトルも「サバじゃねえ」、「コンニャク残して」、「だるまさんが転んだ」、
「人生最悪のナンパ」とか変なものばっかり。

とはいえ作品の質は、平成ライダーのスタッフが多く関わっていて、
決して低くはない。

しっかりした基盤に思いっきり馬鹿なことを乗せてる、という感じ。

wiki見ると平成ライダーシリーズの原型的作品と
記してあるけど、その通りで大人でも十二分に楽しめるよう作られてる。
(むしろ、子供がこの内容を理解できるのか疑問だったりする)

ちか頃のドラマ(やアニメ)はマンネリっぽい展開ばっかで飽きる、とか、綺麗事はもうウンザリだ!
てな人には激しくオススメです。

上手くこの面白さが表現できなくて歯がゆいけど、
本当にこれは面白い!

ちなみに、
主人公のチャラ男は「仮面ライダー龍騎」では、
仮面ライダー王蛇という、おそらく平成ライダー史上
一番凶悪なキャラをやってる人。

まさかこんなチャラいキャラやってたとは、
ギャップの広さに驚きです






超光戦士シャンゼリオン BOX [DVD]超光戦士シャンゼリオン BOX [DVD]
(2003/06/21)
特撮(映像)

商品詳細を見る








コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neotaro.blog97.fc2.com/tb.php/406-90218424