FC2ブログ

攻略完了)江ノ島を踏破!  

江ノ島2016-2

(激注:他の人には顔が分からないようモザイクをかけております)

↑は片瀬江ノ島駅

江ノ島に行ってまいりました。

かねがねから

「鎌倉(今回は江ノ島)にひとりで行き、存分に歩き回ってみたい!」と

密かにチャンスを狙っていて、今回実行。


しこたま写真も撮って来たので、
歩いた童貞・・・、もとい!道程を語りながら、いくつか晒していきます↓

5月6日:加筆修正しました。 説明が足らない部分を大幅に加筆





江ノ島2016-3

江ノ島を前に激写。

8時ごろ出ようかと思ってたけど、
朝4時28分に目が覚めたので、5時ちょっと過ぎ出発。 ひとりは気まま。

で、江ノ島に着いたのが8時ごろ。

見て分かるとおり、観光客があんましいない。

GWも最終日なんで、みな家で平穏に過ごしてるのかな・・・?

サーファーがけっこういた。
60代くらいの方もけっこうエンジョイしてて、ちとびっくり。





江ノ島2016-4

島内に侵入。

このとおりお店のシャッターもまだ閉じたまま。

釣り人も多かったです。
釣り竿持った人たち見てると、元フィッシャーマンの血が騒ぐ!

・・・騒ぐだけですが←釣りしろよ!



江ノ島2016-5

前回猫(エサをもらってる半野良)がいたので、
歩きながら、路地脇を見ていたら「ネコ募金」なるものが!

ちか頃駅前でペット募金を見かけますが、こちらの方が
募金入っていた。

人ゴミん中、首輪につながれうなだれてるワンちゃんたちよか、
自由気ままに暮らしてる江ノ島ねこのほうが、支持されてる証左なのだろう。



江ノ島2016-6

ねこ発見!

・・・呼びかけても振り向きもせず。

仕事(愛想を振りまく?)前なので、
スッピンを見られることに抵抗があったのか。

ご尊顔を拝見することは叶いませんでした。




江ノ島2016-8

もう一匹発見。

こちらは水分補給をしていらっしゃった。

飲みっぷりに感服。 
暑くなってきたので、熱中症対策には
余念がないようですね(ほほえみ



江ノ島2016-9

島の頂上あたり? ちょうど中間地点。

前回、仲間たちと来たとき。ここで断念。

鶴岡八幡や大仏とか、
鎌倉方面から散策してきたんで、みな披露困憊してた。

江ノ島がこんな階段ばっかの歩く人に厳しい仕様
だとは、ちっとも思っていなかったのだ。

体力を振り絞り、この先に足を運ぼうとしたら、
一緒にいたMさんが

「これ以上先に行くのなら、ここで解散しますから!」

と言い放った。

汗だくになりながらも異様に冷め切った目が
今も脳裏に焼きついてる。

あのときの彼の目はマジだった。


江ノ島2016-11

っても、今回はひとりなんで
ノー問題で足を進めて行こう。

さっそく急な階段が続く。

行きは下りで楽でしたが、帰りは地獄を見ました。



江ノ島2016-10

見晴らしもバツグン!

左側の家のくたびれ加減が、
むちゃくちゃツボにハマっとりました。


江ノ島2016-12

もう少し先に行ったところにある
食堂のメニュ-。

この地元とは何も縁のないようなメニューを眺めてると、

「ああ、ここは海の家の延長線上にあるんだな」と

気づかせてくれる←じっさいはここまで食材を運んでくるのが困難だと思われる

注文するんなら、左上のパフェ一択だな、と
思ったのは内緒にしておこう!




江ノ島2016-13

で、岬みたいな所に到着。

入り口前の案内図によると、
ここらが島の反対側のようだ。

この先に洞窟があったけど、早かったのか
入り口は閉ざされていた。



江ノ島2016-15

目を凝らして、カニを探したけど
見つかりませんでした。

やっぱ、こういうとこ来ると
カニやら魚やらを探してしまいますよね←しねーよ



江ノ島2016-14

ついに踏破!

かくしてここに、江ノ島攻略が
完了したのであった!!

・・・洞窟やわき道などもたくさんあったけど、
見なかったことにしておこう。

感動に水を差す無粋な行為はしちゃいけない。


ちなみにこの時点で、地元の西友で買ったペットボトル
3本のうち2本を消費。

正直5月でも日差しがけっこうキツい。
8月に歩くのは狂気の沙汰のような気が強くしてました。
(前回行ったのは去年の8月)



江ノ島2016-18

江ノ島踏破が今回のテーマだったので、
そのあとは江ノ電で鎌倉まで行き、
(理由:フリーパスを買ったのでもったいない)


江ノ島2016-19

銭洗い弁天まで歩き


江ノ島2016-20


境内の休憩所で一休みをして
(銭洗いは有料だったんでパス)


江ノ島2016-21


ふたたび江ノ電で「鎌倉→藤沢」まで戻り、
そこから小田急線に乗って無事帰宅。

知ってる人たちと歩き回るのも、そりゃそれでめっちゃ楽しいですが、
ひとりで歩くのも想像以上に自由気ままで楽しかった!

壮大な自然、荘厳な建築物の数々(それとねこ)を眺めていたら、
いつの間にか、気持ち的になにかが吹っ切れた感がありました。

いろいろと思うところがあるけど、そいつを上手く吐き出せないような
日々を過ごしている方は、ひとりどこか気ままに足を運ぶといいかもしれませんね←押し付けんなよ






江ノ島2016-16


追記:

午後0時に帰る頃には、やってくる人が山のようにいました。
早く出かけるのが肝要なんだなと、実感。

あと、女子たちだけで散策されてる人が多く(ひとりの方もけっこう多め)、
話しかけたら仲良くなれるんじゃね、とかいう空気が流れてた。

・・・自分のようなコミュ力ゼロのでっかいおっさんは相手にされない度150パーセントですが、
コミュニケーション能力がある方は、
(犯罪にならない程度に)ガンガン攻めてみていかがでしょうか?








コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neotaro.blog97.fc2.com/tb.php/498-9c485604